年齢をぱっと見で左右するのがほうれい線です。気づくと長く伸びていたり深くなっていたりして焦ることはあるでしょう。そんな困りもののほうれい線ですが、原因は複数あるので自分がどのタイプなのかを分析することが対策の前に必須です。間違った方法でケアしても、何も改善せずにシワが進行するだけです。

原因①弾力の衰え
肌のハリには水分を保持したり肌細胞が潤いで満ちていることが欠かせません。しかし、それに欠かせない働きをする成分は、年齢ともに減少してしまいます。すると弾力がしぼんでしまいシワになってしまいます。

これらの成分は体内で生成されにくくなるので外から補っても、自分の体で作られるものほど効果的な働きはしませんし細部にまで十分浸透しないのも現実で、もぎたて生スムージーがおすすめです。

原因②表情金の衰え
顔にも数多くの筋肉があります。体と同じように筋肉だとしなやかでハリもありますし、引っ張る作用があるので顔も上向きになります。ただ、年齢や表情筋を使わないことによって衰えてきて作用が弱まってきます。

すると今まで保ってきた筋肉やその周辺の脂肪も、重力通りに下に引っ張られることになります。すると頬の筋肉や脂肪がたわむようになりほうれい線に繋がってしまうのです。

原因③太った分は下がる
今まではどちらかというと顔のしぼみのイメージがほうれい線に繋がっていました。しかし、顔がふくよかになってもほうれい線の原因になります。

一見、ふっくらしてハリも出そうと思えますが、筋肉がついたなら良いのですが、ほぼ顔につくのは脂肪です。脂肪には筋肉のように引っ張ったりハリを出す作用はありません。

重力に従うので下に下にと垂れてきます。ほっぺたにおもりを付けているような状態ですから、最初は良くても月日とともにほうれい線に加速が尽きます。

ほうれい線になる原因は肌質の低下と構造の比率の問題です。筋肉がなくてもダメですし、ふくよかになればいいものでもありません。意識して、ほうれい線の下にある内部を鍛え、美歯口 30daysで歯をしろくするようにしましょう。